デートでの食事がまずくなる「モテない人」の不愉快4大要素

価値観

こんにちは、シルヴァ結婚相談所の能丸です。

今回の記事は、お見合いを経験された女性から頂いたメッセージから、「お付き合い(結婚相談所でいえば仮交際)に成功される」男性の資質について考えてみたいと思います。まずよい事例をお読みいただき、途中で「モテない人」の不愉快4大要素について言及いたします。

ただ、先に不愉快4大要素について知りたい方もいらっしゃると思いますので、先にそれらの要素を記載いたします。

「モテない人」の不愉快4大要素

(1)「偏狭な価値観の押し付け」系
(2)「自慢」系
(3)「クイズ」系
(4)「それしか知らないのにそれで全てを語る」系

結構やってしまいがちな言動ですよね。こういう方は、基本的に恋愛関係は構築できませんし、嫌がられます。

「お付き合いに成功される」男性の資質

まずは女性からのメッセージをそのまま記載いたします。

先月は、お見合いの機会をご用意頂きありがとうございました。

鈴木(仮名)様と仮交際をさせていただく、連絡先の交換をお願いいたします。

年齢差はありますが、一緒にいて楽しくて笑顔でいられます。素敵な方をご紹介いただきありがとうございました。物事をポジティブに考える方で、話をしていても楽しいです。ご自分の考え方と私の考え方が違っても、私の考えを否定しないで聞いてくれます。

また、店員さんに「ありがとう」と言っていたところです。人として素敵だと感じました。

色々とありがとうございました。

モテる人の公式

私は様々なところでコラムを書いておりますが、モテる人の公式について、様々な記事で提示しています。原理原則は以下です。

「様々な話ができる」×「価値観の柔軟性」=「モテる」

今回の女性からのメッセージには、「ポジティブ」という表現がありました。この「ポジティブ」を上記の公式に追加すると、以下になります。

「様々な話ができる」×「価値観の柔軟性」×「ポジティブ」=「すごくモテる」

また、上記の公式に、「独りよがりではない」とか「自分本意ではない」とか「他人への感謝の気持ち」などを付け加えると、よりモテ公式の確実性・信頼性が増すかもしれません。

今回のメッセージから抜粋できるポイントは、

・年齢差が気にならないほど・・・
・一緒にいて楽しい
・笑顔が素敵
・物事をポジティブにとらえる
・話が楽しい
・相手の考えを否定しない
・店員さんに「ありがとう」と言う

以上です。その中で、「ポジティブ要素」、「相手の考えを否定しない」、「店員さんへのありがとうと言う」について言及します。

ポジティブな会話ができる

様々な話ができても、ネガティブな話ばかりというのはお相手様は帰りたくなります。会社の悪口、家族の悪口、社会への不満・・・。それらは絶対に口にしてはいけません。とはいっても、人は悪口を言いたくなるものですよね。でもそれは同僚や家族に言ってほしいところです。初デート(お見合い)で言及すべき話題ではありません。

女性と考え方が違っても、考えを否定しない

相手を否定する人は結構いますよね。「それじゃあダメだよ」と、女性のこれまでの人生と「今」を否定する言葉。

女性は上司と飲みにきているわけでもなく、父親と飲みにきているわけでもありません。会社組織では上司は部下に対しダメだしするものだと思いますが、娘との会話が「ダメだしばかりの父親」にはなりたくないものです。

50代男性と30代女性のように、年齢的ギャップのあるお見合いの場合に多いのが、男性側が自分の価値観を押しつけてしまうパターンです。しかも偉そうに・・・。

そもそもですが、「価値観を押し付ける方」というのは「社会性が無いでないか?」と思うのです。よく幼稚な人が何らかの特別であろう知識を得たら「それで世界の全てを語り尽くす(実際には語れない)!」という現象があるように、その偏狭な世界からの見た解釈を押し付ける方が多いです。

ある40代の女性と私が食事をしていた時の話。彼女は、心理学系の大学に行き直したようで、そこで薬についても学んだそうです。彼女曰く、医療機関での研修等があったようで、

「薬については医者よりも私が知っている」
「医者が私に聞いてくる」

それ系の自慢話ばかりでした。「お前はその辺の寂しいおじさんかよ」と思いながらも、「うなづき」「相槌をうち」「同意し」と好意増大効果をもたらす3大要素を使いこなしていたら、

「心ってどこにあると思う?」

なんて上から目線でご質問。

普通は習俗的慣習的に「胸のあたり」を指しますが、

「心はね、存在しないのよ」
「脳内物質の作用でしかないのよ」

なんていう「うざい話」に、酒がまずくなった記憶もありました。「もっとさ、ムッとくる話ではなくて夢が広がる話をしてよ」と脳内物質が作用していました。

スピリチュアル系にハマった女性も結構押し付けてきますよね。

「それはチャクラが閉じてないからよ」
「なんじゃそりゃ?」

不愉快4大要素

不愉快4大要素は、まさに上記の話です。

それは、「偏狭な価値観の押し付け」系、「自慢」系、「クイズ」系、「それしか知らないのにそれで全てを語る」系です。恋愛関係も、大人の人間関係も構築できないのでは?と考えてしまいます。上記の40代女性は、その不愉快4大要素が全て会話に入っていました。

人は一部の分野でしか専門性を発揮できません。つまり、専門分野以外は無知であるということの理解があれば、「一部を知って全てを語る」ことはしないと思いますし、そもそもできません。それを面白おかしく言う方は、まあ受け入れられなくもありません。不愉快4大要素満載で語られると、貴重な人生の時間を返してと言いたくなるものです。そう言う時に限って「長時間」が多いです。

店員さんに「ありがとうございます」と言える

「ありがとう」ではなく「ありがとうございます」という丁寧語が理想です。

一部の歌舞伎町のぼったくり居酒屋の店舗スタッフのように、まずい料理を適当に「どん」と音を立てながらテーブルに置くような、ホスピタリティの無い居酒屋・・・そういう居酒屋はデートでは使わないと思いますが、大半の居酒屋やレストランでは、スタッフさんは一生懸命に働いています。

もしレストラン紹介サイトの写真とあまりにも違ったら、とりあえずビールを頼んですぐにその居酒屋を出たほうが無難でしょう。おそらく注文したビールも配膳まで30分くらいかかるので、配膳されてすぐにお会計をして出るか、配膳されていない状態でも、急用ができたと言ってすぐにお会計をしたほうがよいでしょう。その数千円はあきらめたほうが無難です。

さっさと出て、別のレストランをすぐに探すか、19時20時だとバーも空いているので、軽食を食べられるバーに変更するなどの柔軟な対応が必要です。

こういう店にはさすがに「ありがとう」は言えないですよね。

馴染みの店をいくつか持っておくことが大事です。これは年齢に限らず、安心できる店を事前に知識と経験として、獲得しておくべきです。

配膳されたら「ありがとうございます」と言っていますか?

私は必ず言います。店員さんも気持ちよく接客してくれますし、「ご無沙汰してます!」なんて言うと必ず顔を覚えてくれます。そして時々サービスもしてくれます。

「こんなメニューを開発したんですが、ちょっと食べていただけませんか?」なんていうやりとりです。そんな店員さんと男性との関係性に、女性は安心感を持ちますし、その場の雰囲気もよくなります。

金を払っているから「接客は当然」ではない

金を払っているから「当然」ではなく、その店で食べるために、その経営者やスタッフは、そのレストランを作るために、内装、厨房設備、材料費、人件費、研究開発費をかけています。たかだた1万円で、数千万円以上をかけて創った雰囲気を利用でき、料理を味わえるわけです。その意味で「感謝すべきもの」と捉えるべきかと思います。

店員さんに「ありがとうございます」と言う癖をつけた男性と、偉そうな男性とでは、生き方も変わりますし、収入も変わります。そして付き合う人も変わってきます。女性とのデートの回数や頻度も大いにかわることでしょう。なぜなら、「ありがとう」が言える男性は、雰囲気が素敵だからです。

とは言っても「なんでも感謝」の「感謝教」ではありません。感謝教はこれはこれでかなり辛いものがありますし、モテないです。

お問い合わせ  LINEで婚活のプロに相談