恋活婚活において、過剰な自信は、機会を大きく損失するという話

お知らせ・コラム

この記事は一般社団法人日本モテ男協会さんからの情報に基づいて記載しております。解説文章はシルヴァ結婚相談所の能丸二式(のうまるにしき)が行い、事例は一般社団法人日本モテ男協会よりご提供いただきました。

自分の態度や行動が、目の前にいる相手に「どのように影響しているのか」を想像できない人

自分の態度や行動が、目の前にいる相手に「どのように影響しているのか」を想像できない人は、恋活にも婚活にも成功しません。いろいろな態度や行動がありますが、例えば、失礼なライン、長文ラインの連続、行き先を告げないデート、レストランへのエスコートの時にスタスタと前を歩く、食事中にくちゃくちゃ音をたてる、箸を持って相手をさしながら喋る等・・・・様々に具体的で失礼な態度や行動が散見されます。

人の心を理解するには、どうしたらよいのでしょうか。その答えは、極めてシンプルで、「自分の心の動き、感情を徹底的に理解する」しかありません。男性と女性とでは思考の仕方・方法が違います。しかし、ある程度自分の心の動きで想像できるはずです。自分を知ってこそ、初めて相手の心の動きを想像できるのです。下の絵は、自分の心を理解しつくすと、相手の心も想像できる可能性が高くなるという絵です。いらないプライドを捨てて、アドバイスに耳を傾け、他人の心の動きを理解し、行動を決定していく。それによって、相手の心に「信頼」が芽生えるのです。

結婚相談所の担当者に対しても、失礼な態度をとる人がいます。当然、他の人にも失礼な態度、言動を取っていると想像されますが、おそらくご本人は気が付いていない。いまだにスマホを契約せず、プリペーイドカード携帯でやりとりしようとする男性もいます。「緊急の時は公衆電話で充分だ!」というネタになる男性もいます。ショートメールを使わないデバイス苦手系シーラカンスも存在しますが、その行動に共通しているのが、「人の心の動きや感情を想像できない」という特徴です。

結婚相談所の担当者からさえも「嫌がられる」「嫌われる」人は、一般社会でもおそらく「嫌われ者」だと推察されます。担当者に偉そうにするのは、お金を払っているからなのでしょうか。同様にレストランやラーメン店のスタッフにも「タメ口」で「要求をつきつけて」いるのでしょうか。

このような方は、当然ですが、「人生は常に不満足」。そして年齢を経て行き着く先は「寂しさの極み」であり、その寂しさを原因として「見て!見て!」、「相手にして!」と赤ちゃん返りをするように、しつこいメールや電話をしてしまうのです。人間関係の悪循環、人生の悪循環に入っておられる人も意外と多いのです。もしかしたら、最近の言葉で表現すると「こじらせ●●」と言えるのかもしれません。

婚活カウンセラーからのアドバイスを「うっとおしい」として一蹴。この男性の女性からの評価は?

以下のように女性からご意見をいただきました。最初のお見合いなので、シティホテルのラウンジが一般的ですが、ここでも自分が慣れている比較的安いホテルでガヤガヤしている隣席の近いカフェを半ば強制的に指定されました。ちなみに、なぜシティホテルのラウンジが良いのかといえば、「非日常感」を演出するためですし、隣席が離れていて話しやすく、くつろぎやすく、「美味しい」からです。

一生懸命会話をされている姿勢が感じられて、悪い印象はなかったのですが・・・

全体的に人との出会いのシチュエーションに、あまり慣れてはいらっしゃらない感じでした。会話は慣れないながらも、真面目にお話され、一生懸命会話をされている姿勢が感じられ、悪い印象はなかったです。次に進まない理由を教えて欲しいとのことですが、色々思い当たります。

お見合いのみで終了した理由はどんなことなのでしょうか?

コーヒーとお水が空になってもなかなか追加注文を勧めてくれない

ホテルのロビーで15時に待ち合わせしまして、すぐ隣のカフェでブレンドコーヒーをいただきました。よく使われているところらしいです。一杯目のコーヒーとお水が空になって、何か勧めていただけないかな・・・と思っている時間が長かったんです。一応おかわりを勧められましたが、ホテルのカフェなのにお代わりが自由ではなかったので、それなら「同じものを」と注文せずに、他の飲み物を選ばせて欲しかったです。2杯目の途中でお手洗いにいきました。そうしたら、勝手に3杯目が頼まれていて、ブラックコーヒーを立て続けに3杯というはさすがに胸焼けしました。

コーヒーとお水が空になっても、なかなか追加の注文を勧めてくれない・・・。相手の気持ちを想像できていないということの典型事例です。加えて、なぜ女性にメニューを選ばせてくれなかったのでしょうか。この点では「自分本位性」が見てとれますし、とりあえず飲み物ならなんでもいいやと考えられたのでしょう。

この彩のないブラックコーヒーの追加注文をするという行動では、女性は、「将来はつまらない人生になるかもしれない」と思うことでしょう。つまり、なんら「こだわり」などはなく、「とりあえずそれでいいや」の繰り返しが、結婚生活では見えてしまいます。よって、将来への期待感はこの時点で低くなります。

これだけ臭う方は初めてでした!

今までのお見合いの中で、これだけ臭う方は初めてでした。髪もべたついた感じで、お洋服もくたびれた普段着みたいで、驚きました。ご自分から、「清潔感が無いとだめでしょう。」みたいなお話をされるので、おそらく自覚は全く無い方だなと感じました。

まず、婚活のお見合いにおいて普段着のようなカジュアルすぎる装いをするのはNGです。相手の女性は、おしゃれをして来られますし、美容院に行ってから会われる方も多いのですが、このように女性は努力するということを理解できないところも、イタイと思われます。また、「婚活カウンセラーのアドバイスなんぞは要らない」と、この男性は婚活カウンセラーにおっしゃったようで、それは「自分は大丈夫」ということの自信の現れだったことと予想されます。

よって彼は「清潔感が無いとだめでしょう」と女性におっしゃるわりには、匂い、べたついた髪、くたびれた服装・・・等で清潔感を醸し出すことはできなかったことを考えると、「自分が見えていない」ということです。

つまり、相手の心や感情を理解する以前に、自分も見えていないのです。他人の心を理解する以前の問題です。先に記載した絵をまたご参照いただけたらと思います。

お見合いで1時間ほどすると「自分とはお付き合いできそうですか?」という男性

「自分はモテない」とか、「何度もお見合いをして失敗している」と、何度も言われました。マイナスな感じがします。もう少し、自信を持たれた振る舞いをした方が、女性はときめくと思います。いつものことになってしまいますが、モテない男性は、1時間くらいすると「自分とはお付き合いできそうですか?どうですか?」と、共通して質問をされます。焦っている感じが、女性から見て「ダメ」という結論を早めている気がします。

先を急ぐと、失敗します。男性は、目の前に素敵な女性が現れると「お付き合いしたい」と思うのは当然の気持ちです。ですが、それを焦ってしまって1時間程度一緒にいたくらいで「お付き合いできますか?」と女性に質問することも、相手の気持ちが読めていない証拠です。そのように言うと、女性は「ダメ」という結論をせかされていると思うことを想像するくらいはして欲しいものです。

少し時間をかけた方が良いところも見つかるかもしれないのに、返事を急かされると、考えるゆとりすら生まれないと思います。今日はかなり緊張されていたようにお見受けしました。慣れればもっと自然体になれると思いました。

今回の男性の課題についてまとめてみました。

◾️コーヒーとお水が空になったままの時間が長かった
◾️これだけ臭う方は初めて
◾️お洋服もくたびれた普段着だった
◾️「清潔感が無いとだめでしょう」と言う自分が実は「清潔感が無い」
◾️「自分はモテない」と言い過ぎ
◾️1時間くらい経つと「私とはお付き合いできますか?」とせかす|返事をせかされると考えるゆとりすら生まれず「お断り」となる

解決策は「自分との対話」

男性の「態度や行動」において、女性に不快感を与え続けた現象を本日は事例として掲載しました。「自分のことを理解していない」=「臭い」という現象がありました。「臭い」という外面的な要素を客観視できておらず、さらに「自分がこうされたら嫌だ」という内面的な分析も不足しています。

例えば読者が男性で、お見合いであった女性が

◾️香水が強烈
◾️服装がジャージ
◾️ずっと「占い」と「スピリチュアル」の話をしている
◾️長文ラインが1日10件

だと嫌ですよね。自分の「態度や行動の最適化」を行うには、まずは「自分との対話」が必要です。それにより、「自分を知る」ことからようやく異性との交流は始まります。「自分がされると嫌だ」と思う態度や行動を知って、「自分がすると嫌がられる」という態度や行動をしないというが大事です。

お問い合わせ  LINEで婚活のプロに相談