女性の三大ドタキャン理由と、ドタキャンされた男性の「複雑な気持ちと行動」

価値観

結婚相談所間の情報交換はとても面白いです。今回のコラムも、その情報交換の中で出てきた「リアルネタ」を中心に披露させていただきます。

男女の婚活において、出会い方は様々あります。結婚相談所では、それを「お見合い」と言い直しています。恋活アプリと比べると、より結婚しようとされる意気込みが強く、真剣度合いが高いからです。結婚相談所以外の出会いだと、恋活アプリ等が現在は主流でしょうか。一昔前の出会い系掲示板のアプリ版とも言えますし、独身証明書は取得はしないけれども、婚活アプリとしてプロモートされている様々なアプリもあります。

中でも女性が無料もしくは格安の場合においては、女性の行動が「パターン化されてしまう」現象が見受けられます。それは、「すっぽかし」と「ドタキャン」です。ちなみに結婚相談所など、第三者を介してお見合いする場合のすっぽかしやドタキャンについては、「違約金」が設定されていたり、そもそもお見合いのセッティング料を女性がお支払いしていることが多いため、「極度の体調不良」や「行方不明」以外、ほとんど生じません。

とはいっても、キャンセルをされる方もたまにいます。

キャンセル料を払いたくないためにごねる女性の論理

キャンセルすると、シンプルにキャンセル料が請求されるだけなのですが、そのキャンセル料を払いたくないがために「ごねる」人もいます。ごね方の特徴は以下です。ちなみに、当社「シルヴァ結婚相談所」の話ではございません。

(1)過去に出会った男性に不愉快な思いをした
(2)こんな不愉快な思いをさせるような結婚相談所は信頼できない
(3)信頼できなくしたのは、紹介した結婚相談所のほうだ
(4)だからキャンセルは当然であり、キャンセル料を支払わないのは当然だ

という論理です。「退会すること」=「縁を切ること」が前提なのでなんでもありですよね。人と人との関係なので、お互いの波長やフィーリングが合わない、会話の不一致等、人間関係には様々な不快感がつきものです。

お見合いのセッティングをするために、様々な人が動いて、2人のための場所を用意したり、日時を調整したりと複雑な「作業」が背後に隠れています。その見えない他人の努力が全く見えていない方の発想だと思います。

「レストランでの態度の悪い客」、「電車が大雨で運行停止となったことに対し、駅員を問い詰めて謝罪させる人」等と共通している気がします。背景に存在している「他人の努力」に敬意を払っていないということだと思います。

「この美味しい料理は自分だけの力で作れますか?」
「この鉄道は、自分だけの力で作れますか?」

そのような視点で見ると、世の中の様々なものやサービスに対し、それを作っている人たちに対して敬意は払えど「当たり前」とは思えませんし、金を払っているから偉いとも思えません。

人間関係には予想外の問題が発生する場合もあります。最初は楽しくても徐々に不愉快になる場合もありますし、お酒が入るとエロモードに入る人も中にはいるでしょう。ある人がどのような態度や行動をとるのか、結婚相談所でも予想はできません。でも、それが人間ですし、それが人間関係の面白さだと思うのです。

「全て他人が悪い」「自分が不愉快に感じたのは他人のせい」という責任転嫁に慣れてしまうと、人間的な深みが出てきません。あらゆる不愉快さを想定しつつ、これ以上踏み込むのか、踏み込まないのかの境界線を設定し、境界線内であれば、心に余裕をもってそのような不愉快さも楽しめばいいのです。境界線を越えそうだなと思った時には、そっとその場からいなくなればいいのです。

さて、話を戻します。

女性のドタキャン三大理由

話の前提として、結婚相談所ではキャンセルは発生しにくいということだけお伝えいたします。結婚相談所でのお見合いのドタキャンは、自らお金を払って入会し、さらにキャンセル料という違約金も発生しますのでほとんどありません。ただ、遅れてきてしまった上に連絡ができず、相手方がそのまま帰ってしまったという事例は生じえます。

今回のコラムで記載する「ドタキャン」発生の前提を、「①女性が無料もしくは格安で出会っている場合で、②お付き合いが開始されそうと男性が期待している時」に限定してもよいかもしれません。どのような理由でのドタキャンが多いのでしょうか。それは以下です。

    第1位「体調不良」
    第2位「仕事が入ってしまった」
    第3位「家族が怪我をした」もしくはそれに類する理由

印象としては、8割が嘘で2割が「ホント」です。なぜなら、女性が無料もしくは格安で出会っている場合と結婚相談所とでは、ドタキャンの発生割合は「無料格安の出会い」が99%〜99.9%とすると「結婚相談所でのお見合い」が0.1%〜1%程度という印象だからです。

ドタキャンの理由は簡単です。(1)そもそも格安だから遊び半分であったこと、(2)ドタキャンに関する違約金が無いこと、(3)「その男性と出会うことの優先順位」が低くなったからです。

つまり、男性にとっては「フられてしまった」のです。特に「雨」の日のドタキャン発生数は飛躍的に多くなりますので、「雨よりも優先順位の低い男性ってどうなの?」っていう疑問も生じてしまいます。よほど魅力がなかったのか・・・

こうなったら男性はもう「追いかけてはいけない!」

ドタキャンの理由が嘘であれば、連絡後にすぐにブロックされます。縁を切られたということです。「すっぽかし」ほど男性の心に傷を負わせ、人生の時間を無駄にさせる行動はないので、「すっぽかし」じゃないだけマシかもしれません。ドタキャンの理由が嘘ではない場合には、返信しても既読スルーやブロックはされません。以下、ご参考まで。


このメッセージの後にブロックされる。


このメッセージの後にブロックされる。


このメッセージの後にブロックされる。

とても面白い現象ですよね。自分にとって「よりメリットがあるもの」、「より楽しい思い出ができそうな予定」、それらに対し人は優先順位を高めます。当然世界中の人がそのように行動しています。ただ、それが約束を破ってまで優先順位を高めてよいのかどうか、時と状況によって変わってきます。

しかし、「すっぽかしすること」や「ドタキャンすること」に慣れてしまった人は、他人と信頼関係を構築することができませんので、社会生活において「うまい話」はなかなかまわってきません。

「人が使った時間」「期待感」「日時をあけておいたという期限の損失」「レストランのキャンセル料」・・・。そのような「人の心、人の時間、他人の人生」に対する無頓着さは、必ず何らかの「しっぺ返し」を食らいます。損なった信頼は元に戻すことはできませんので、日頃から、信頼関係を壊す行動ではなく創っていく行動をとるべきだと思います。

お!ブロックされていない!リスケだ!

ドタキャン後に運良くブロックされずにリスケとなった場合には、まだ「お付き合い」の可能性が残っています。もしかしたらドタキャンの理由が本当だったのかもしれませんし、男性としては、女性にとって「選択肢の一つ」であったとしても結構嬉しいですよね。

それで喜んでしまって、つい男性はカッコつけたがります。これをやっちゃうとせっかくの「選択肢の一つ」から「選択肢無きもの」に落とされるのです。

「もし会うのが嫌だって感じているようなら・・・」というフレーズはよく聞きます。「俺は気づいているよ」「わかっているよ」「思いやりがあるだろ」というアピールによく使われるフレーズです。これだと女性は瞬時に思います。

「めんどくさ!」

その後もやりとりして、やはり「面倒」となった場合にはお別れとなります。せっかくお付き合いに発展しようとしていたのにお別れです。結果としてさらに男性は以下のようなメッセージを送ってしまうこともちらほら。ラインの「最後」(The Last Comment|ラストコメント)を争うがごとく、ラインを送ってしまう人もたくさんいらっしゃいますが、捨て台詞は「さよなら」・・・定番です。

ところが、それでもまだ可能性があると信じてしまうのでしょうか、ラインをブロックされた後にショートメールを送る人もいます。女性はラインをブロックしても電話番号はまだブロックしていない場合が多いです。その隙をついた一発逆転のための「ギャンブル」です。

通常は、ブロックされたら追いかけない。それが異性関係のルールです。

ブロックされたら追いかけない!それが異性関係のルール。

以下が、最後のギャンブルです。しかし、面倒な人ほど面倒さをとことん先鋭化させますよね。先の信頼を徹底的に崩し、周りから信頼されなくなる「無信頼化」に昇華する女性と似ています。

男性の感情的流れは、以下の順序で「あきらめ」に変化します。

(1)「俺はわかっているよ」「すごいだろ」という自己顕示欲の充足
(2)突き放せる「強がり」を見せたことによる瞬間的快楽の充足
(3)でもやっぱり「さみしい」「つきあいたい」というDNA的敗北

男性はどうしても女性を追いかけがちです。生得的遺伝的特徴といえるのかもしれません。であればこそ、普通の男性が「やりがちな態度」とは逆をいくと、異性からの注目度が高まりますし、「普通じゃない!」から「素敵!」に変わることもあるかもしれません。

「去る者は追わず」

やせ我慢とも言えなくもない・・・

お問い合わせ  LINEで婚活のプロに相談