婚活出会いのステージと交際のステージ!価値観の相性はいつ確認?

価値観

出会いのステージと交際のステージの問題点。価値観の相性はいつ確認すべき?

婚活では、結婚相談所経由でマッチングしてもらった異性とまずカフェラウンジなどで出会い、その後2回目に会われるのかどうかを両者に確認します。そしれOKであれば連絡先の交換を行い、次の「デート」の約束を取り付けます。そしれ2度3度お会いされる中で、交際に発展される方も多々おられます。

なぜ、交際に発展できるのか、そして交際後になぜ結婚できるのかについて問題点とともに、解説していきたいと思います。下の絵は、最初の出会いの時のステージと、交際が始まってからのステージになります。

出会いのステージにおける問題点を把握する

異性のみならず対人関係においてはある種のルールがあります。そして、人の癖や心理的な癖があり、その癖をうまく「使わない」ことで、その人の印象において「特別感」を異性が感じることがあります。

出会いの時によくやりがちなのは、以下です。今回は見た目や雰囲気などは除外しています。それらはある一定のラインを超えていることを条件で、解説したいと思います。

・条件交渉
・よく喋る
・所作が悪い

出会いの目的は「信頼関係を構築する」こと

出会いの目的は信頼関係を構築すること、その一点です。信頼のおけない人であるならば交際はないでしょうし、その先の結婚もありません。信頼については、以下のコラムに記載しています。

婚活の出会いにおいて、まずは信頼感を相手に持ってもらうことが最初のゴール。

その他のコラムにも記載しておりますので、よかったら様々読んでいただけたら幸いです。映像でも解説していきます。

目的が、「信頼関係を構築する」ことであるならば、上記の条件交渉は必要でしょうか。またよく喋り、マシンガントークは信頼関係の土台になりうるのでしょうか。また、コーヒーを「ズズゥ」と吸う仕草や、何かを口にしてくちゃくちゃ音を立てる仕草はいかがでしょうか。相手に指をさす行為はいかがでしょうか。カフェで奥の席にさっさと座る行為はいかがでしょうか。

様々ポイントがありますが、その全てを「別の行為や態度に変える」ことが必要です。

特に条件交渉は、みなさんやりがちでなので、そもそもどんな人なのか知らないのに、「結婚したら趣味の時間に土日はもらいたい」とかありえないと思いますし、「仕事はやめてほしい」というのも少し時代錯誤な印象を受けます。とは言っても人それぞれですが、その発想と相手に求める姿勢が「自分本位」で「愛」のない発言に見られる場合が多く、即刻お断りが入ります。価値観の柔軟性が婚活には求められています。

交際のステージの問題点について

何度もお会いするなか、お互いに惹かれていく瞬間があります。お互いが恋に落ちた時に、ようやくある程度の条件交渉ができるのかもしれません。価値観を少しずつ確かめるステージと言ってもいいと思います。

しかし、価値観は絶対に一致はしないのです。その前提を持って、自分の価値観を押し付けるのではなく、相手の価値観に合わせるスタンスだとお互いに歩み寄れる場合が多いですし、お互いに恋愛感情が芽生えたらちょっとした違いは気にならなくなりますし、妥協できるようになります。

結婚できない方の特徴は、「自分本位」で「相手の立場になれない」という方がほとんどです。「妥協したくない」という心構えは大事ですが、「妥協したくない」の基準が人間社会のあらゆる基準の中で「とても厳しい」ものであると、それに合わせられる人や合う人はほとんどいなくなるのです。

社会は、妥協の産物で成り立つように、個々人の関係も妥協の産物と言っていいと思います。

二人で新しい価値を想像する

お互いに愛し合う段階になると、成婚退会となります。成婚退会の手続きを経れば、二人で旅行に行くことも、婚前交渉も可能で、自由な関係を楽しむことができます。いろいろなことを経験され、新しい価値と、「人生の思い出」「二人の思い出」をどんどん作っていく段階に入ります。

お問い合わせ  LINEで婚活のプロに相談