【恋活・婚活】相手の「心」を引き寄せる、レストランでの雰囲気作りと「認知的不協和理論」

お知らせ・コラム

相手の「心」を引き寄せる、レストランでの雰囲気作り3つのポイント

最初の出会いが完了し、お互いの連絡先の交換が済んだら、おそらく男性側からお食事という2度目のデートのお誘いがあるのが一般的かと思います。2度目のデートでは、大体がレストランでのお食事になりますが、そのレストランでのお互いの心を弾ませる雰囲気作りが課題となります。

「心」を躍らせる、もしくは引き寄せるポイントとしては3つの考え方があります。それは以下になります。

(1)非日常感
(2)幸福感
(3)高揚感

上記の三つを抑えておけば、さらにその次のデートにつながる可能性が飛躍的に高まります。

それぞれ説明していきます。

非日常感

女性も男性も、日常の仕事に疲れています。人生をどう生きるのか、どのようにして過ごすのか、子供が欲しい、あんな家を買いたい・・・様々な欲求と現実の間で苦労します。加えて、会社等の組織で、人間関係にも疲れてしまうものです。多くの方が、同じように悩み、同じように苦しみ、そして同じように楽しむと思います。

そんな日常から、たまに離れたいと思うのが常ですが、特に異性とのデートにおいては、非日常感を楽しみたいものです。

特別な時間、特別な空間を意識し、日常を忘れさせる「場」をプロデュースすることが大事になります。

では、どのようなレストランが非日常感を出すのでしょうか。それはおそらく、普段行かない高級なレストラン、おしゃれなレストラン、普段見ないような景色が見えるレストラン、超絶に美味しい料理を出していただけるレストランなどが候補に上がるかと思います。その全てを網羅する必要はないのですが、できれば3つ以上のポイントを網羅した方がいいかもしれません。

とはいっても、非日常感を出すために、コンセプト居酒屋に行くのはNGです。監獄とかうさみみ系とか、メニューに変な名前が付いているような居酒屋です。確かに非日常感ではありますが、子供っぽいですよね。学生さんが楽しむために行くところになりますし、比較的料理の値段も安いのではないでしょうか。それらの居酒屋がターゲットとしている顧客層と、婚活の顧客層とは合致しません。

日常と非日常のギャップがよりあるといいかと思います。ある種のギャップ萌えであり、いわば「ゲインロス効果」をもたらす可能性もあります。

幸福感

幸福感は何から生まれてくるのでしょうか。「幸せだな〜」という気持ちです。もちろん好きになりそうな相手と一緒にいるという幸福感もありますが、このコラムの場面では、2度目のデートなので好きになるのか愛せるのか恋に落ちるのかはまだ不明という状態です。なので、相手を起因とした「幸福感」ではないのです。

さて、レストランデートでの幸福感とは、どこから生まれてくるのでしょうか?

それは、美味しい料理と、楽しい会話、素敵なレストランという雰囲気です。

料理で相手の味覚から幸福を感じてもらう

美味しい料理の効果は、相手の内側から幸福にさせます。当然、美味しい料理が好きという方でないと、この反応は無いのですが、美味しい料理が嫌いという人はなかなかいないと思います。ただ、料理に興味がないという男性や女性もたまにいらっしゃいますが、興味がないと、美味しいも美味しくないも判断できないので、美味しいレストランを選択できないという方も中にはいらっしゃいます。

味覚を通じて、幸せになる、幸福感を味合うという考え方が大事になります。その幸福感が、実は、「認知的不協和の理論」で解釈できるのですが、「美味しい料理でとても幸せ」=「目の前にいる異性と一緒にいることが幸せ」というように、脳が解釈し始めるのです。

そう解釈しはじめたら、あとは「センスのよい会話」になります。

センスの良い会話で脳から幸福を感じてもらう

楽しくてセンスの良い会話は、異性の心を脳から刺激します。真面目だけど面白くて、浅い話だけど深くなる・・・というように思考を行ったり来たりさせるような会話を心がけるといいと思います。それは、in-out理論の応用になりますが、実際に会話ができるように学んでいく必要があります。

素敵なレストランで視覚から幸福を感じてもらう

私もそうですが、リゾート施設に行くと心が踊ります。キレイな海を見るととても幸せを感じます。その感情の変化を、レストランでもたらすことができたら最高ですよね。リゾートでは、視覚的な美しさもさることながら、自分へのご褒美、癒し等様々な目的がありますが、その元となっているのは、ある種の自分の物語なのです。人生の物語と言ってもいいのかもしれません。

レストランには、美しさもさることながら、物語が必要です。おしゃれで夜景がキレイなレストランは当然心が踊ります。躍動を感じ、高揚を感じます。一方でそのレストランに「実は馴染みのオーナーがいて・・・」とか「ポワレがとてもおいしくて・・・」などという物語を付加すると、それだけで楽しみになります。心が踊る感覚でしょうか。

レストランという高級な場所でなくても、「焼き鳥がとても美味しくて・・・」とか「魚が最高なのです」などと物語を付加された「居酒屋」でも全く問題ないのです。ただ居酒屋に関しましてはやはり3回目4回目のデートの場所なのかなという印象です。

上記の内容は、次の項目の高揚感をもたらす要因の一つでもありますが、視覚的に美しいレストランは、高揚感とともに幸福感をもたらします。

高揚感

非日常感も高揚感も、幸福感もその要因が重なり合う部分がたくさんあります。マトリクス状に連関し合っていると言ってもよいと思います。ここでは、会話や目の前にいる人が醸し出す雰囲気による高揚感について説明したいと思います。

未来を感じさせる会話

会話は当然ですが、未来を感じさせる会話をしなければなりません。過去をほじくり後悔と懺悔と文句であれば、相手が未来を感じることはできません。現状に対する不平不満は未来への絶望の道しるべのようなものです。

固定された狭い価値観は、他人への批判につながり、同意への強要につながります。一緒にいたら疲れるだろうな〜と思わせては、未来は拓けません。

柔軟な価値観と、同意、知性と愛が重なり合った会話や雰囲気が、未来を感じさせるのです。「ずっと一緒にいたい」そう思わせられる人になるべきだと思います。

お問い合わせ  LINEで婚活のプロに相談